Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 1 to 20 of 20)
(showing articles 1 to 20 of 20)

Channel Description:

旅の専門家がお届けする観光情報 トラベルjp 旅行ガイド。様々な旅行や観光・地域・歴史・文化・アクティビティの専門家=「ナビゲーター」が集まり、新たな旅先を提案する旅行ガイドメディア。関連パックツアーや宿泊施設の比較も。
    0 0

    蔵王連峰に抱かれた自然豊かな遠刈田(とおがった)温泉。400年を超す歴史ある温泉は今も、人々の身体を癒し続けています。ここは、雪の回廊が見られる蔵王エコーラインや伝統こけしの里として有名です。そして近年、美術館やアトリエが増えて、この町の味わい深さが増しました。今回は、ふらっと散歩気分で楽しめる、心地よい空間をご紹介します。

    0 0

    蔵王(ざおう)連峰は、宮城県と山形県の県境に沿って標高1,600~1,800m級の山々が連なる山岳地帯。この蔵王連峰を横断する山岳観光道路が「蔵王エコーライン」です。 冬に積もった大量の雪が除雪されると、道路の両側には数メートルにも及ぶ切り立った雪の壁が出現!普段まず見る機会の無い、春限定の非日常の光景、雪の壁の中をドライブ・ツーリングできる蔵王エコーラインをご紹介致します。

    0 0

    遠刈田(とおがった)温泉よりさらに2kmほど奥まった場所にある、大人のための温泉森林リゾート『「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部』は、その名の通り、お湯と森と食が、美と健康へと導いてくれる空間。ホテルでもない、旅館でもない滞在スタイル=倶楽部スタイルは、広大な自然の中でゆったりと過ごすにはもってこいのファシリティ。さあ、森の中へ羽を伸ばしに行ってみませんか?

    0 0

    宮城県蔵王町にあるお宿「ゆと森倶楽部」は、蔵王山麓の広大な森の敷地にたたずむ、大人のためのリゾート施設。遠刈田温泉郷に位置し、美肌の湯とも言われる温泉や、森でのアクティビティも充実しており、滞在時間を余さず満喫させてくれるお宿です。 日本ではめずらしい“オールインクルーシブ”スタイルなので、お財布を気にせず、リラックスして滞在を楽しめるのも魅力。特にお酒が好きな方なら、満足すること間違いなしです!

    0 0

    荒涼とした山肌に映える、美しいエメラルドグリーンの湖。思わず「ここは地球なのか?」と疑問を持つほどの景色、それが蔵王の「御釜」です。 御釜は冬の樹氷とともに蔵王観光のシンボル的な存在であり、蔵王エコーラインが冬期閉鎖される期間を除いて多くの人が訪れる名所です。ここでは、そんな「御釜」の見どころ・アクセスのコツ・合わせて立ち寄りたい名所など「観光のポイント」をご紹介します。

    0 0

    宮城県は柴田郡、村田町にある「白鳥神社」は、歴史深いパワースポットで知られています。それでも、神社自体の知名度は低く、いつもひっそり鎮まる境内。しかしそこにはすごいパワーが。白鳥神社で力を授かり、英気を養う旅に出ませんか。

    0 0

    キツネは、モフモフしていてかなり可愛いとご存知ですか?そんなキツネを間近で見ることができる施設が、宮城県にある「宮城蔵王キツネ村」。世界中から観光客がやってくるほど大人気なのです。キツネと生で触れ合うことのできるという世界でも稀な場所でもあります。今回はその魅力を詳しくご紹介していきます。

    0 0

    100頭以上のキツネが放し飼いされている「宮城蔵王キツネ村」。自然の姿のままで飼育されているキツネたちのテリトリーの中に人が入るので、時には危険なことも。しかし、注意事項をしっかり守っていれば大丈夫!美しい毛並の1本1本が見えるほど間近で、キツネたちと遊ぶことは、究極の癒し体験。四季ごとに変わるキツネたちの姿を観察する、貴重な体験をしてみませんか?

    0 0

    宮城県の遠刈田温泉に大人のためにゆったりと過ごせる滞在型施設「ゆと森倶楽部」があります。蔵王の森の中に佇む大人の森林温泉リゾートとなっており、蔵王連峰の季節のうつろいは様々な表情を見せてくれます。 美と健康をテーマにした自由で快適な倶楽部スタイルとなっています。心も体も蔵王の森と温泉に癒されに訪れてみませんか。

    0 0

    蔵王連峰に抱かれた自然豊かな遠刈田(とおがった)温泉。400年を超す歴史ある温泉は今も、人々の身体を癒し続けています。ここは、雪の回廊が見られる蔵王エコーラインや伝統こけしの里として有名です。そして近年、美術館やアトリエが増えて、この町の味わい深さが増しました。今回は、ふらっと散歩気分で楽しめる、心地よい空間をご紹介します。

    0 0

    蔵王(ざおう)連峰は、宮城県と山形県の県境に沿って標高1,600~1,800m級の山々が連なる山岳地帯。この蔵王連峰を横断する山岳観光道路が「蔵王エコーライン」です。 冬に積もった大量の雪が除雪されると、道路の両側には数メートルにも及ぶ切り立った雪の壁が出現!普段まず見る機会の無い、春限定の非日常の光景、雪の壁の中をドライブ・ツーリングできる蔵王エコーラインをご紹介致します。

    0 0

    遠刈田(とおがった)温泉よりさらに2kmほど奥まった場所にある、大人のための温泉森林リゾート『「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部』は、その名の通り、お湯と森と食が、美と健康へと導いてくれる空間。ホテルでもない、旅館でもない滞在スタイル=倶楽部スタイルは、広大な自然の中でゆったりと過ごすにはもってこいのファシリティ。さあ、森の中へ羽を伸ばしに行ってみませんか?

    0 0

    宮城県蔵王町にあるお宿「ゆと森倶楽部」は、蔵王山麓の広大な森の敷地にたたずむ、大人のためのリゾート施設。遠刈田温泉郷に位置し、美肌の湯とも言われる温泉や、森でのアクティビティも充実しており、滞在時間を余さず満喫させてくれるお宿です。 日本ではめずらしい“オールインクルーシブ”スタイルなので、お財布を気にせず、リラックスして滞在を楽しめるのも魅力。特にお酒が好きな方なら、満足すること間違いなしです!

    0 0

    荒涼とした山肌に映える、美しいエメラルドグリーンの湖。思わず「ここは地球なのか?」と疑問を持つほどの景色、それが蔵王の「御釜」です。 御釜は冬の樹氷とともに蔵王観光のシンボル的な存在であり、蔵王エコーラインが冬期閉鎖される期間を除いて多くの人が訪れる名所です。ここでは、そんな「御釜」の見どころ・アクセスのコツ・合わせて立ち寄りたい名所など「観光のポイント」をご紹介します。

    0 0

    宮城県は柴田郡、村田町にある「白鳥神社」は、歴史深いパワースポットで知られています。それでも、神社自体の知名度は低く、いつもひっそり鎮まる境内。しかしそこにはすごいパワーが。白鳥神社で力を授かり、英気を養う旅に出ませんか。

    0 0

    キツネは、モフモフしていてかなり可愛いとご存知ですか?そんなキツネを間近で見ることができる施設が、宮城県にある「宮城蔵王キツネ村」。世界中から観光客がやってくるほど大人気なのです。キツネと生で触れ合うことのできるという世界でも稀な場所でもあります。今回はその魅力を詳しくご紹介していきます。

    0 0

    100頭以上のキツネが放し飼いされている「宮城蔵王キツネ村」。自然の姿のままで飼育されているキツネたちのテリトリーの中に人が入るので、時には危険なことも。しかし、注意事項をしっかり守っていれば大丈夫!美しい毛並の1本1本が見えるほど間近で、キツネたちと遊ぶことは、究極の癒し体験。四季ごとに変わるキツネたちの姿を観察する、貴重な体験をしてみませんか?

    0 0

    宮城県の遠刈田温泉に大人のためにゆったりと過ごせる滞在型施設「ゆと森倶楽部」があります。蔵王の森の中に佇む大人の森林温泉リゾートとなっており、蔵王連峰の季節のうつろいは様々な表情を見せてくれます。 美と健康をテーマにした自由で快適な倶楽部スタイルとなっています。心も体も蔵王の森と温泉に癒されに訪れてみませんか。

    0 0

    宮城県と山形県にまたがる蔵王連山。「御釜」は、その中で宮城県側にある蔵王五色岳にあるカルデラ湖である。噴火口に水が溜まって湖となったもので、様々な鉱物が溶け込んでおり、季節、時間、天候、気温などの条件により湖面の色が深いブルーやエメラルドグリーンなどに変化する。 この御釜の絶景を存分に満喫するための方法をご紹介しよう。ポイントは「3方向から眺める」ことだ。

    0 0

    宮城県・蔵王山の麓にある、蔵王酪農センター。新鮮な牛乳を使った蔵王チーズを作って販売していて、敷地内には蔵王チーズ直売所やチーズづくり体験ができる施設、チーズグルメを堪能できる飲食店が揃います。ヤギやヒツジと触れ合えるふれあい牧場ハートランドも人気です。自然豊かな環境で、美味しいチーズとかわいい動物とのふれあいを堪能してみませんか?